城中電鉄 

 ●掲示板 ●トップに戻る
 

沿線の風景

線路配置図

線路配置図

城中電鉄の駅詳細風景

宮代(みやしろ)駅 頭端式ホーム3面2線の高架駅 
 窪川市は、市の名前にもなった清流・窪川の水による酒造で有名です。その中の宮代地区にある宮代神社には毎年多くの観光客が訪れます。年末年始は深夜に特別列車が運行されます。
 駅周辺は住宅や商店が多く、県道と並行するように走ります。

倉持(くらもち)駅 島式ホーム1面2線の地上駅
 倉持駅周辺には宮代地区の名家などの大きな邸宅が立ち並んでいます。商店街に活気があり、一昔前の雰囲気を醸し出しています。しかしそれは駅周辺に限ってのこと。少し走ると田園地帯が広がるのどかな風景が映し出されます。

酒守坂(さかがみざか)駅 島式ホーム1面2線の地上駅
 駅を出ると国道と交差しながらトンネルに入ります。今でこそなだらかとなっていますが、明治時代までは難所とされていました。そのため、昔はここを避けて通るコースが選ばれていたようです。トンネルの中間あたりで城中市に入ります。発音がしづらいのが難点か。


トンネルの上から線路を見下ろす。落下防止のためにフェンスが張られています

御宿(おんじゅく)駅 島式ホーム2面4線の地上駅
 御宿地区は江戸時代に窪川からやってきた大名行列達の為の宿場町でした。そのため、今でも御宿駅周辺には歓楽街があり、駅周辺は活気にあふれています。以前はここが終着駅だったため駅設備はかなりのものです。
 なお、千葉県に御宿駅がありますが、あちらはJRかつ離れているために重複が認められています。

泰原台(やすはらだい)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅
 戦前までの泰原地区には近くに軍需工場があったものの空襲で焼失してしまいました。戦後はバラック小屋などができ、非常に柄の悪い土地だったものが、昭和40年代に区画整理され現在では新興住宅地として発展を遂げています。また、泰原台車庫があり、車庫公開などのイベントではここから車庫まで臨時列車が運行されます。
 ちなみに、泰原台駅の所在地は、「城中市泰原」となっています。区画整理された際に「新しく生まれ変わった」というイメージを持たせるために、駅名のみ変更されています。


泰原台駅から程近くの住宅地

春詠川(はるよみがわ)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅
 春詠駅近くの春詠川駅は、昭和30年代までは川にメダカや小鮒などが生息し綺麗な川で有名であり、釣りや河川敷で楽しむ光景が見られました。しかし、高度成長によって川が汚れてしまいました。河川敷もコンクリート舗装されてしまい、今では面影を全く感じられないのは残念です。現在、近くの学校では課外授業として春詠川を清掃し、昔の綺麗な川を取り戻す活動が行われています。

商業高校前(しょうぎょうこうこうまえ)駅 島式ホーム1面2線の地上駅
 高校野球の名門・城中商業高校の目の前にある駅。通常は無人駅であるが、朝夕は駅員が来ます。本来は相対式ホームにする予定でしたが、用地取得に手間取り無人駅となりました。放課後には野球部員がランニングに勤しむ光景が見られます。

二の丸公園(にのまるこうえん)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅
 綾路城周辺は現在、自然公園として整備されています。また、市営球場も併設されており高校野球の夏の県大会の会場となっている。以前は普通列車のみの停車駅であったが、観光需要の高まりから1984年に特急列車も停車するようになりました。

北城中(きたしろなか)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅
 城中修成館高校と城中桜陽高校の最寄り駅です。線路を隔てて西が城中修成館、東が城中桜陽となっており、朝夕は高校生が多く利用します。駅周辺は城中駅に近いためか、住宅地が多くなっています。また、公共施設としては市営プールや市営体育館などの運動施設が近くにあります。

城中(しろなか)駅 相対式ホーム2面4線の地上駅
 城中市の中心となる駅。公共施設や歓楽街などが軒を連ねます。企業も多く、またJRも通っているため乗降客数は城電で1位となっています。

四方辻(しほうつじ)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅

 国道沿いにある駅です。沿線には大型ショッピングセンターなどのロードサイド型店舗が多いのが特徴です。また、駅の近くには市民病院があるので、日中は高齢者が多く利用します。


城中市民病院

唐熊橋(からくまばし)駅 相対式ホーム2面4線の地上駅
 明治時代、唐熊地区には外国人(唐人さん)が多く住んだことで有名で、現在では高級住宅地として発展を遂げています。また、城中の有力者などもここに居を構えています。中高一貫の女子校・聖ミストニア女学院の最寄り駅となっています。

善住人(よきすもうど)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅
 駅の近くには「慧雲寺」があり、桜の名所となっています。桜の季節になると二の丸公園と並び花見客が多く利用します。また、景観保護のため跨線橋が設置されておらず、一旦地下に降りて地下にある改札を出て、地上に上がってくるようになっています。

榎津(えのきづ)駅 相対式ホーム2面2線の地上駅

 周囲は閑静な住宅街です。


駅の近くには城中市が整備する駐輪場があります

鐘ヶ浜(かねがはま)駅 相対式ホーム2面2線の地下駅
 鐘ヶ浜は、サーファー達のメッカとなっており、夏になると海水浴客が多く訪れます。城電唯一の地下駅となっています。夏に駅を出て日差しが差し込むと、「鐘ヶ浜に来たんだ」と思うそうです。


鐘ヶ浜海水浴場から太平洋を見渡す


戻る inserted by FC2 system